借地権とは

借地権とは建物の所有を目的として地代を支払って他人の土地を賃借し利用することができる権利のことで、地上権や土地賃借権の事を指します。平成4年8月に新借地借家法が制定され、新法については普通借地権、定期借地権の大きく分けて2つの種類があります。定期借地権の中には一般定期借地権、事業用借地権、建物譲渡特約付借地権の3つに分類されます。借地権は、借地借家法という法律により定められています。現行の借地借家法は1921年から1992年まで続いた旧借地借家法を改めたものとなり、新法においては契約期間の延長を拒める定期借地権などが新たに加わりました。ただ、契約更新時に借主が不利になることがないように1992年以前からの借地契約については基本的には旧法が適用されます。しかし双方の合意があれば旧法から新法へと変更することが可能となっております。

借地権に関する法律としては、借地借家法や新借地借家法があります。借地借家法とは建物の所有を目的とする地上権、賃借権の期間、借地非訟裁判、賃貸借契約の更新、効力等に関して法律で定めた規定のことです。新借地借家法は平成4年8月より施行されたもので新法と呼ばれることもあります。旧法借地権では、地主が借地権を設定してその土地を借りた人がこの法律の適応を受ける仕組みでしたが、ひとたび土地を貸してしまえばその土地を取り戻すのに地主はとても困難で不利益な形となってしまい地主にとって不利な法律となり、借地権を設定する地主が少なくなり、土地の有効活用がされない状況がありました。それを改善するため、新借地借家法が施行され定期借地権制度が出来たのです。