借地借家法と借地権

借りている住居に対して立ち退き要求を受けたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。突然の立ち退きの要求に対し、そんなことは困るとただ自分の状況を説明したところでなんの解決にもなりません。やはりそのような要求に対しては正当な理由が無い限り断ることが可能であるということを知ることが大切です。大家はなぜ立ち退き料を支払う必要があるのか、そして貸主はなぜ立ち退く必要が無いのか、双方の置かれている立場を法的な観点からしっかりと把握しておかなければ大家さんの強い態度に押されてつい弱い立場に立ってしまうかもしれません。その流れのまま家を追い出されてしまうといったケースもよくあるようです。

家賃滞納が多いですとか、現時点で家賃の未払いがあるというような契約違反があるようなケースを除けば契約解除をされるような理由はなく、借り主は法律で保護されています。ある意味で大家よりも強い立場に借り主はいるんだということをしっかりと理解することが大切です。その上で様々な交渉にすすんでいかなければ、結局は言われるがままに大家の要求を飲んでしまうということにもなりかねないのです。しっかりと知識を持ち、法的な根拠を踏まえて大家との対話に臨めば、泣き寝入りするようなことも無く、自分の持っている権利を正当に行使することが出来ます。当サイトでは借地借家法、そして借地権についての役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。